あの天声人語でゴールデンバットが

※当サイト及び店舗は未成年者の閲覧及び入店を固くお断りいたします。

あの 天声人語 で ゴールデンバット の歴史が

紹介されました

左から エコー わかば 両切のしんせい 両切のゴールデンバット JTのロングセラー
ゴールデンバット
発売110周年を迎えるJTのゴールデンバット。
その生い立ちや戦時中の改名の件などが一般紙の朝刊一面で紹介されました。
コラム欄とはいえ学生の愛読者も多いあの 天声人語 です。
これはきわめて異例な事だと思います。
一嗜好品とはいえ100年以上続くと文化や歴史の一部として認めれれるということでしょう。ただそれが朝刊の一面となると広告の自主規制に悩むたばこ会社としても驚くべきことだと思います。天声人語 では触れられていませんでしたが、ゴールデンバットは現在新規出荷分は フィルター付 に変更されています。”蝙蝠はこの先どこまで飛び続けるか”と結んだ筆者はもしかしてこの事を書きたかったけれど立場や字数等を勘案して控えたのかもしれません。ともかく、中原中也や太宰治が愛した ゴールデンバット と同じ 両切の煙草 は、現在の流通在庫のみになります。

でも安心して下さい。ミマツたばこでは ゴールデンバット 両切り を多めに在庫として確保してあります。長年親しんでこられたオールドファンから記事で初めて存在を知った方まで、ご来店をお待ちしております。  ご好評につき完売致しました。ありがとうございました。

両切煙草の煙

すでに告知させていただいた ゴールデンバット モデルチェンジのブログ一部分を再掲します。

—————————————————————————————————–

そして専売公社より古い日本最古の煙草と呼ばれる ゴールデンバット と70年近い歴史を持つ しんせい がついに 両切り をやめ フィルター付の煙草 になります。
パッケージのデザインは変わらずに 個装のフィルム化 がなされます。
ゴールデンバット は現行の タール値:18mgニコチン値:1.1mgが
新しくなったものは タール値15mg ニコチン値:1.0mgとなります。
しんせい は 現行の タール値:22mg ニコチン値:1.4mgが
新しくなったものは タール値15mg ニコチン値:1.0mgとなります。
変更時期は今月20頃の予定です。
ゴールデンバット 、しんせい ファンの皆様は良くご検討頂き、必要であれば今のうちに カートン 買いをお勧めします。
しんせいとゴールデンバット

JTでは味わいはそのままに雑味を少なくするフィルター化と言っているので、これを機会に少しでもタール分を減らす選択もありですが、吸ってみてから前の方が良かったとなっても切り替わった後では再入荷しないのが悩みどころです。
変更のお知らせ

この件に関するJTのプレスリリースはこちらです。

This entry was posted in 最新情報, 取り扱い商品, 紙巻き煙草 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。